睡眠

成長曲線で何が分かるのか

身長を考える上で、成長曲線を描くことが必須です。

今まで蓄積されてきた膨大なデータを基にした身長の伸び方をベースに、今後の身長を予測する事ができます。

成長曲線には、「+1SD、-2SD」などの数値が書いてあります。大事なのは、年齢平均よりどの程度ズレが生じているかを評価することです。

もしお子さんの身長が-2SD以下であった場合は、病気が隠れている可能性があります。

親の感覚で、伸びた、伸びてないを判断するのではなく、成長曲線を描いて判断して下さい。

成長曲線

 

成長曲線を描いたら、次は成長率(成長速度)を知る

1年間に伸びた身長を確認していくと、お子さんの成長速度がより分かります。

実は、身長が伸びる前には一旦伸長が伸び悩む時期があります。

その時期を「take off age」と呼びます。

この「take off age」を見つける事ができれば、成長スパートの時期を予測できます。

take age ageの後は、成長スパートが始まります。成長スパートの最初の2年間(上の図のフェーズⅡ)が、とても大事です。この時期に身長が伸びなければ、後の成長(フェーズⅢ)にも影響を与えます。

フェーズⅡの時期は、月1回の頻度で身長を計測したいですよね。

 

ある男の子の成長速度曲線例

上の図を見てください。12歳までは順調に伸びていましたが、13歳で成長速度が下降しています。

平均成長速度のグラフと比較すれば、13歳で9cm/年は身長が伸びる予想ができます。

この子の両親は、成長曲線と成長速度を描いてませんので、身長の伸びが落ちている事に気づけません。

高校生になった時に、あれ?意外と伸びなかったねー。と実感してきますが、高校生から伸長をさらに伸ばす事は困難です。

骨端成長線も閉じていきます。

なぜ身長が伸びなかったのでしょうか?すべて外的要因です。

中学校に上がってクラブ活動の回数が増え、練習量も小学生とは桁違いでした。その分のエネルギーを補給しようと、間食にお菓子を多く食べていました。そのため、体重は大きくなっていきましたが、身長を伸ばす栄養にはなっていなかった。と予想しています。

 

 

公式LINEで特典GET!

公式LINEでは
お子さんの身長や成長に関する
最新情報を配信中

公式LINE登録者特典

  1. 子どもの身長に関する最新研究をまとめた動画を先行配信
  2. 現在開発中の子ども身長アプリも先行無料配信
  3. 専門家のセミナーに無料ご招待
  4. 代表の身長の最新知見をどこよりも早く入手可能